『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』初日舞台挨拶に大歓声

IMG_7871_s

 27日、新宿バルト9にて人気テレビアニメ『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』の初日舞台挨拶が行われた。

 全国から4万人を越える応募があった今回の舞台挨拶。会場には見事当選した420名が大歓声を送った。舞台挨拶の開始早々、アニメの主役を務めるエレン・イェーガー役の梶裕貴が客席から登場。役に扮したマントを放り投げるパフォーマンスを行い、会場を盛り上げた。

 「テレビ放送開始から3年経って、やっと作品を客観的に見れるようになりました」と感慨深く語った梶裕貴。

 荒木監督は「キャストの皆さんがそれぞれのキャラクターに似てきたと言うより、 それぞれのキャラクターがキャストの皆さんのキャラに似てきましたね」と語り、会場の笑いを誘った。
 
 映画の大ヒットを記念して約1メートルの巨大な巨人の顔の形をしたくす玉が用意された今回の舞台挨拶。カウントダウンのあと、梶裕貴による号令でくす玉が割られると、観客席から大きな拍手が沸き起こった。

文責は日本語のみ