新連載!「春山優 映画日記」その1 『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』

出典:Amazon『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』 [DVD]
出典:Amazon『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』 [DVD]

 俳優・春山優による映画をテーマとした新連載「春山優 映画日記」がスタートしました。舞台やテレビでカルトな人気を誇る春山優が毎回、映画作品をピックアップして感想を綴ります。第1回は『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』(デビッド・リンチ監督/アメリカ・フランス合作作品/1992年公開)。

『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』

 デビッド・リンチだとこの『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』が一番好きかもですね。なんとも言えない部分はあるんですけど。なんせたまあにチンコとウンコの違いもよくわからなくなる時があるんで。まあ数々の有名な人がこの人の色んな作品をほめてるので、自分なんぞがこの感想を書かせてもらうのは、非常に恐縮なんですけど…。

 で、この作品はテレビシリーズのツイン・ピークスを見てから見た方がいいと思います。TVシリーズが大ヒットして、その後に撮られた作品なんで、普通はその順で見るんですけど。いきなりこれ見ちゃう人もいそうなんで。これだけ見てもなんとなくわかるようにはなってると思うんですが…。TVシリーズの情報が入ってた方が全然楽しめると思います。

 若い頃にツイン・ピークスのTVシリーズを友人に教えてもらってはまったんですが、その後出たこの映画はローラ・パーマーが殺されるまでの話なんですよ。TVシリーズはローラ・パーマーの死体が発見されるとこから始まるんですが、この映画はその前展開の物語になっていまして…。で、いいとこあげると書く量がかなり増えてしまう事に気付きました。それで迷った挙句、今回は映画を褒める内容は書かない事にしました。

(編集部注:次のページに性的な表現があります。気分を害される恐れがございますのでご注意ください)

文責は日本語のみ