「Marunouchi Street Park 2021 Winter 」12月1日(水)~ 12月25日(土)丸の内仲通りで開催

新型アウトランダーPHEV

三菱自動車新型『アウトランダー』 PHEV モデル から直接電気を供給し 、クリスマスツリーのイルミネーションを点灯

Marunouchi Street Park 2021 実行委員会が主催する「Marunouchi Street Park 2021 Winter」が、 12月2日(木)~12月25日(土)の期間中、丸の内仲通りで開催中。

「Marunouchi Street Park」は、2019年からスタートした、丸の内仲通りの今後のあり方や活用方法を検証する社会実験となっており、今年は初となる冬季開催となっています。

今回は、「すごそう、冬のストリート」をテーマに、緑あふれる公園空間を創り出しています。このイベントでは、丸の内仲通りの冬の風物詩であるイルミネーションをより楽しめるよう、3つのエリアを設置。大人から子供まで、幅広い世代が一緒に楽しめる、この冬にぴったりな幻想的なイベントとなっています!

艶やかなクリスマスツリーの明かりを灯すのは自動車?!

丸の内パークビルブロック_Wonder Terrace!_01
12月2日(木)~8日(水)の期間限定で、三菱自動車工業株式会社による車両展示を実施。12月16日(木)に発売する新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』のPHEVモデルの給電機能を活用し、車両から直接電気を供給することで、通りの真ん中に立つクリスマスツリーのイルミネーションを点灯。発売前の実物の新車を見ることができるうえに、クリスマスツリーと自動車が繋がっている様子を目にすることができるのも見どころの一つです。

展示日程:12月2日(木)~12月8日(水)7日間
展示場所:Wonder Terrace!(丸の内パークビル前ブロック)
※クリスマスツリーの点灯時間は15時~24時
丸の内パークビルブロック_Wonder Terrace!_03

Marunouchi Street Park 2021 Winter を構成する3つの空間 とは

ブロック1(丸ビル前ブロック)~Wonder Dining!~

丸ビル前ブロック_Wonder Dining!_01
丸ビル前ブロック_Wonder Dining!_02
大丸有エリアを代表するホテル「ザ・ペニンシュラ東京」と「東京ステーションホテル」などによるキッチンカーが出店。また、シャンデリアが飾られたプライベートハウスをイメージした「グラスハウスレストラン」や、ツリーハンモックでゆったり過ごせる「鳥の巣ツリーハウス」、炎を囲んで暖を取る「ファイヤーピット」、身体と頭を動かして暖まる「ビッグチェス」など、大人から子供まで楽しめるエリアとなっています。

ブロック2(丸の内二丁目ビルブロック)~Wonder Lounge!~

丸の内二丁目ビルブロック_Wonder Lounge!_01
丸の内二丁目ビルブロック_Wonder Lounge!_02
音楽やアート、ストリートパフォーマンス、ワークショップなどのアクティビティが登場。来街者によって音楽を自由に奏でられる「ストリートピアノ」や、燃え盛る疑似炎の投函口にクリスマスカードを入れる「炎のポスト」、風よけを設置したビリヤード台で身体を動かして暖まる「ビリヤードストリート」の他、炎を囲んで暖を取る「ファイヤーピット」など、ラウンジ空間も目白押しです。

ブロック3(丸の内パークビルブロック)~Wonder Terrace!~

丸の内パークビルブロック_Wonder Terrace!_02
イルミネーションをより楽しめるフォトスポットが登場。小岩井農場(岩手県)のウラジロモミを使用したクリスマスツリーが通りの真ん中に立つ他、ミラーを敷き詰めた「光の回廊」や、屋外にいても暖かい「ホットベンチ」を設置。また、イベント期間中にアーティストが制作活動を展開する「アーティスト in テラス」の傍に、色が変わる幻想的な疑似炎のテラス×ラウンジ「ファイヤーテラス」も出現します。

コロナ禍における安心・安全を重視しながら、来街者に心と身体のあたたまる空間や、アートや音楽を取り入れたスペース、さらには屋外空間でのテレワークやSDGsの考え方に基づいたプログラムといった、様々なコンテンツが盛りだくさんとなっています。イルミネーションで彩られた冬の季節、通りへ出て五感で暖かさを感じてみてはいかがでしょうか?

Marunouchi Street Park 2021 Winter 実施概要

・実施日時 2021 年 12 月 1 日(水)~ 12 月 25 日(土)
※最終日は20:00 まで24時間車両交通規制実施の上、夜間も開放しています

・実施場所 丸の内仲通り丸の内パークビル、丸の内二丁目ビル、丸の内ビルブロック)
・主催 Marunouchi Street Park 2021 実行委員会
(NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会/一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会/三菱地所株式会社)
・後援 千代田区(予定)
・URL https://marunouchi streetpark.com

新型アウトランダー PHEV について

三菱自動車は、クロスオーバーSUV 『アウトランダー』のプラグインハイブリッド EV PHEV )をフルモデルチェンジし、全国の系列販売会社を通じて 12 月 16 日(木)から販売を開始します。 車両本体のメーカー希望小売価格は 4,621,100 円~ 5,320,700 円(消費税 10 %込)。
『アウトランダー』は2001 年に発売した三菱自動車初のクロスオーバー SUV で、3世代にわたってグローバルに幅広く展開し、近年は販売台数の約 2 割を占めるコアモデルの一つとなっています。先代より設定した PHEV モデルは 2013 年に日本で発 売した後、欧州、豪州、北米、そしてアセアンなどに順次展開し、累計で約29万台2021年9 月末時点 を販売するなど、 PHEV カテゴリーを牽引してきました。
三菱自動車のPHEV は、「日常は EV 、遠出はハイブリッド」として環境にやさしく気持ちのよいモータードライブを思いのままに楽しむことができます。また、駆動用バッテリーに蓄えた電力は車内2ヶ所に設置した AC100V 電源( 1500W )より、さまざまな電化製品に使うことができ、アウトドアレジャーでは便利な、停電などの非常時には頼もしい蓄電池となります。今回の社会 実験では、新型『アウトランダー』の PHEV モデルの電動車としての新たな魅力を、クリスマスツリーのイルミネーションを点灯させることで提案します。
三菱自動車は2030 年までに新車からの CO2 排出量を 40% 削減( 2010 年度比)という目標を掲げ、 PHEVを中心とした電動車をグローバルに展開することで、地球環境の保全や持続可能な社会の実現に向けて貢献していきます。

文責は日本語のみ