7年ぶりの連続ドラマ――ABC朝日放送の“ネット積極活用策”は成功するか?

ca

10月17日深夜0:45からスタートする大阪・ABC朝日放送の連続ドラマ『チア☆ドル』。関西ローカルの深夜枠で放送される同番組は、2008年に放送された『幻影~ゲンヱイ~』以来、同局が自社制作する7年ぶりの連続ドラマとなる。

撮影風景を生配信

「ニコラ」オーディションで能年玲奈と共にグランプリを獲得した溝口恵や、映画「くちびるに歌を」に出演した朝倉ふゆなが出演し、“チアリーディングアイドル”に転身した売れないアイドルグループの奮闘を描く同番組。

ニコニコ動画に開設した「チア☆ドル チャンネル」では、今年8月からドラマの撮影風景を生配信し、地上波放送開始後は放送終了から1週間、最新話の無料配信を予定するなど、ネットを積極活用している。

また、同番組では出演者にTwitterの活用を促し、番組公式Twitterでリツイートして紹介。番組放送前から、視聴者に対し出演者を身近に感じさせる取り組みを実施している。

「地上波にない仕掛け」

「ニコニコチャンネルバージョンでは、地上波にはない仕掛けも考えていますのでお楽しみに」と語るのは同番組プロデューサーである朝日放送の新名幹大氏。

名プロデューサーとして知られる新名氏が「新たな“オモシロイ仕掛け ”にチャレンジします」と断言する同番組。

依然としてハードルの高い「テレビ局のネット活用」がどこまで成功するか、『チア☆ドル』の取り組みに注目したい。

>

文責は日本語のみ