ユニクロ「着るUVカットウエア」が「太陽浴」と「紫外線対策」に大役立ちな理由

uniqlo

 コロナ禍での外出自粛の影響により「運動不足」とともに我々の健康上の課題として浮上している「太陽浴不足」。

「太陽浴不足」でビタミンD濃度が低下

 太陽光線を浴びる時間が減少したことで、血中のビタミンD濃度が低下し、免疫力の調整機能に支障をきたすことが多くの医療関係者から指摘されている。

 そんな「太陽浴不足」について、多数のテレビ出演と「病気が逃げていく 紫外線のすごい力」などの著者で知られるナグモクリニック総院長の南雲吉則氏は「まずは『1日15分の太陽浴』で密を避けながら上手な太陽浴の習慣化を身につけましょう」と提唱する。

「春先は太陽光を積極的に浴びる」 「7月以降は『UVカット機能のある衣服の活用』を」

 南雲氏によると「紫外線量の少ない春先は、太陽光を積極的に浴びるのにオススメの時期」。

 なるべく「素肌の状態」で外に出ることがビタミンDの効率的な生成をサポートするという。

 加えて「紫外線量がピークになる7月以降は、充分に注意しないと肌ダメージを引き起こす恐れがある」として、夏場における「UVカット機能のある衣服の活用」を推奨する。

ユニクロの「UVカットコレクション」

 こうして「太陽浴と紫外線対策の両立」が求められるなか、有力な選択肢となるのがユニクロの「UVカットコレクション」だ。

・ユニクロ「UVカットコレクション特設ページ」

出典:「ユニクロ|UVカット|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)」
出典:「ユニクロ|UVカット|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)」

 紫外線を90%以上カットする「UVカットコレクション」。アイテムの素材に合わせて2種類の特殊なUVカット加工技術を搭載しているのだという。
uvcut

 カジュアルに着こなせるため外出が億劫にならず、強力なUVカット機能を備えるユニクロの「UVカットコレクション」。

 南雲氏も「ユニクロのエアリズムメッシュパーカの素材は肌触りも気持ちよく、接触冷感機能付きですので夏の暑い時期には優秀なアイテム」と太鼓判を押すのだ。

 一気に暖かくなるこれからの季節、コロナ禍の「太陽光不足」と「紫外線対策」の悩みを力強く解決してくれる「UVカットコレクション」であった。

文責は日本語のみ