今年の「父の日」は6月19日 新キーワード「ロク充」に込められた意味とは

top

 いまから107年前の1909年、アメリカ・ワシントン州スポケーンに住むジョン・ブルース・ドッド夫人が、男手ひとつで自分を育ててくれた父に感謝し、牧師に依頼して父の誕生月である6月に礼拝をしてもらった事に由来する「父の日」。各国で様々な日にちに制定されている父の日だが、日本はアメリカと同じく6月の第3日曜日。今年は6月19日が父の日となる。

楽天市場が新キーワード「ロク充」を提唱

 今年の父の日を控え、新たに「ロク充」というキーワードを楽天が提唱している。「ロク充」とは「60歳を過ぎても趣味に打ち込み、毎日の生活が充実していて、同世代からも子供世代からも尊敬と憧れの眼差しを向けられる人」という意味。

 楽天市場での特集「お父さんを『ロク充』にする鉄板ギフト60選」のオープンに際し、楽天は先日、「目利きに学ぶ大人親子のための『ロク充』入門」と題したイベントを都内で実施。数組の50~60代の父親と30~40代の子供、孫らが参加し、トークショーのほかバーベキューのワークショップが開催された。

 トークショーでは、カリフォルニア工務店チーフデザイナーの岩切剣一郎氏と枻出版社「Discover Japan」編集長である杉村貴行氏が登壇。「ロク充親父の持ち物と呑み方」をテーマに、様々なお酒やアイテムを紹介し、「ロク充」入門となるライフスタイルの提案を行った。
1
 その後、イベントでは東京スマートバーベキュー協会BBQ上級インストラクターの武藤俊一氏による「ロク充なグルメ&クッキング」を実施。屋外に移動し、参加者にアウトドアクッキングの極意を披露した。
2
4
3
 

「家族での外出に繋がるきっかけに」

 「新しいライフスタイルを知る事ができ、家族とも楽しい時間が過ごせて良い一日となりました」と語るのはイベントに参加した「ロク充」世代の男性。

 「ロク充」企画を発案し「お父さんを『ロク充』にする鉄板ギフト60選」に携わる楽天株式会社の岡戸也明氏は「『父の日のプレゼント』として『バーベキューの機材』や『サーフボード』といった物を贈って頂く事で、ご家族での外出に繋がるきっかけとなれば」と語る。

 楽天のプロモーションから新たに誕生したキーワード「ロク充」。ユニークな響きでありかつ、背景には現代の高齢者と家族のニーズを汲んだ巧みなコンセプトがあった。

(取材・文/PAGEVIEW編集部)

文責は日本語のみ