LIPPSスタイリストが厳選!2022年「Z世代メンズ美容の注目キーワード」とは?

③美の流行は上から下へ

18歳~26歳の男性を中心に年間約36万人が通う人気ヘアサロン「LIPPS(リップス)」。

株式会社レスプリ(東京都渋谷区、代表取締役 的場隆光)が運営する同サロンは、これまで「ヤフービューティー メンズヘアヘアスタイル<ショート部門>」「ホットペッパービューティー ネット売上予約」など数々のランキングで1位に輝き、いち早くトレンドを掴む先進性とスタイリストの卓抜した技術により「Z世代」の絶大な信頼を獲得している。

LIPPS人気スタイリストが「2022年の注目キーワード」を発表

そんなLIPPSでは、同サロンのスタイリストである「ケンシ」「ナカオ」「平田みか」が座談会を通じて「2022年の注目キーワード」を発表。日頃からZ世代のメンズの価値観を熟知している人気スタイリストが明かした「2022年のトレンド予測」に注目が集まっている。

Image 1
Image 2
Image 3

注目キーワード①「#横顔シルエット」

①#横顔シルエット
LIPPSスタイリストが注目しているキーワードは、「#横顔シルエット」。正面のカットモデルだと顔を意識してしまうため、横顔のシルエットをベースに相談するサロン利用者が増加している。横顔のシルエットだと、フロントからバックまで全体像を一目で見ることができ、フェイスラインの綺麗さが表現可能に。

また、 Z世代いわく横顔には”エモい“要素があり、横顔で撮影することで”雰囲気イケメン”を演出できるとのこと。最近では、横顔専用のモデルも登場するほどとなり、Z世代メンズにおけるバズ要素として「#横顔シルエット」が挙げられる。

注目キーワード②「ノーセット風スタイリング」

②ノーセット風スタイリング+α
新型コロナウイルス感染症拡大により、おうち時間が増加したことから、髪の毛を一定量伸ばした状態でスタイリングを希望する Z世代メンズが増える傾向に。なかでも注目されたのが「#ノーセット風スタイリング」だ。

スタイリストによっては、韓国アーティストに代表される「センターパート」のヘアスタイルが来店客の80%を占めているとのこと。セットしてもしなくても2Wayで楽しめる「センターパート」の台頭で、セットせずキマる「#ノーセット風スタイリング」が昨年から登場し、2022年は、外出時間の増加予測から「ノーセット風 部分パーマ」といったスタイリングに注目が集まりそうだ。

注目キーワード③「美の流行は上から下へ~髪から顔、体のトータルスタイリングへ」

③美の流行は上から下へ

髪型に流行を取り入れるZ世代メンズだが、昨今増加しているのが、眉毛・肌・脱毛含めたトータルスタイリング。髪型+眉毛、髪型+ファンデーション、髪型+脱毛などのトータルスタイリングが求められ、美の流行は上から下の時代に。 Z世代メンズのなかには、実際にアイブロウサロンで眉毛を整えた後に LIPPS に来店する利用者や、髭の脱毛やアクセサリー映えの為に腕の脱毛をしている利用者も増えている。

注目キーワード④「部分的オーダー型ユーザーの出現」

④部分的オーダー
メンズサロンのオーダーに変化が起きた2021年。従来だと「カット」を目的に来店されるZ世代メンズが中心だったが、部分別に提案する「特化型美容師によるSNS発信」によって、パーマのみ、カラーリングのみ、部分カットのみなどの部分的オーダーを目的に来店されるZ 世代メンズが増加。

ソーシャルメディアを中心に、サロンおよび美容師を選ぶZ世代メンズにおいて、パーマやカラーリングなど部分的なオーダーを叶えるサロンや美容師の注目度が急上昇中。今後は、部分的オーダーを各サロンや各美容師に依頼し、自分のヘアスタイルを作り出すZ世代メンズが生まれてくるのではと予想する。

注目キーワード⑤「スタイルの二極化~美しさを求めるZ世代メンズ~」

⑤スタイルの二極化_ストリート系
⑤スタイルの二極化_韓国系
現在、Z世代メンズでは主に「ストリート系」と「韓国系」スタイルの二極化が発生中。特に「韓国系」スタイルのZ世代メンズは、女性の要素を取り入れた綺麗さやシルエットの美しさを求める傾向にあり、美的要素を取り入れたジェンダーレス化が起きている。

ただ「ストリート系」のメンズもキーワード③「美の流行は上から下へ~髪から顔、体のトータルスタイリングへ」のようにメークや脱毛を施したトータルスタイリングを取り入れている利用者が増えている。

LIPPSスタイリストが厳選した2022年「Z世代メンズ美容の注目キーワード」。美容業界のみならず、様々なジャンルでZ世代の消費動向を理解する貴重なヒントとなりそうだ。

(PAGEVIEW編集部)

文責は日本語のみ