今年12月に「Tokyo Comic Con」開催、スティーブ・ウォズニアックが企画

tcc

2016年12月3日、4日の2日間、日本初開催となる「Tokyo Comic Con 2016」が幕張メッセで開催される。

スティーブ・ウォズニアックとスタン・リーが発案

アップル共同創業者のスティーヴ・ウォズニアックが発起人の同イベント。数年前、ウォズニアックとマーベル・コミック編集委員のスタン・リーが「最高のテクノロジーと最高のポップ・カルチャーを融合させた新たなコミコン」を作りたいと話し合い、真にグローバルな祭典にするため、東京での開催をウォズニアックが提案したという。同イベントを主催するのはトリップ・ハンター氏がCEOを務めるポップ・カルト・インク。

テクノロジーとポップカルチャーの祭典

主催者によれば「Tokyo Comic Con2016」を人々の体験の限界を取り払い、テクノロジーとポップカルチャーの祭典として革新と楽しさを共有する場」と規定。「来場者や消費者から直接フィードバックを求める企業にとっても有益な場にすること」を目的としている。また同イベントで「映画やTV に登場するアメリカのセレブリティ、高い革新性のある最新テクノロジー、また世界のリーディングカンパニー」などを東京に招致する予定だという。

開催にあたり発起人のウォズニアックは「日本は人を感激させるテクノロジー、素晴らしい創造性、そして最も重要な人としての優しさを持ち合わせている国です。この日本にトップ・セレブリティたちとファンの人たちが直接会える機会をつくり、エンターテイメントとテクノロジーの祭典『Tokyo Comic Con 2016』を開催できることに、とても興奮しています」とコメントしている。

2016年、PAGEVIEWでは「Tokyo Comic Con 2016」を総力特集。コンセプトや見どころ、主催者インタビューなど「Tokyo Comic Con 2016」を存分に楽しむための情報を一年に渡りお届けします。

文責は日本語のみ