号泣必至!20代~40代女性が選んだ「涙が止まらない映画」ナンバーワンが決定

top

 2000年以降に公開された国内の“泣ける名作”25作品の中から「最も泣ける映画」を20代~40代の女性3000人を対象にリサーチした調査結果が発表された。

世界から「涙」が消えたならキャンペーン

 今回の調査は、5月14日公開の映画「世界から猫が消えたなら」とのタイアップで、参天製薬株式会社が開催中の「ソフトサンティアシリーズ 世界から『涙』が消えたならキャンペーン」を記念して、同社が「イマドキ女子が涙する邦画調査」と題して今年4月に実施したもの。

 果たして、女性3000人が選んだ「涙が止まらない映画」とは――

1位 「世界の中心で、愛をさけぶ」(東宝/2004年)

Amazon.co.jp  世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]
出典:Amazon.co.jp 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]

 1位に輝いたのは「世界の中心で、愛をさけぶ」。300万部以上を売り上げた片山恭一の小説を原作に、大沢たかおと柴咲コウの主演で2004年に公開され大ヒット。当時、「“セカチュー”ブーム」として社会現象にまでなった。

2位 「永遠の0」(東宝/2013年)

 岡田准一が主演を務め、第二次大戦中の特攻隊員を描いた「永遠の0」。初日2日間の観客動員数が約43万人を記録し、興行成績は8週連続第1位となった。原作は「探偵ナイトスクープ」などの放送作家としても知られる百田尚樹。

Amazon.co.jp  永遠の0 DVD通常版
出典:Amazon.co.jp 永遠の0 DVD通常版

3位 「いま、会いにゆきます」(東宝/2004年)

 3位にランクインしたのは「いま、会いにゆきます」。主演は竹内結子と中村獅童。一年前に亡くなったはずの妻が突然姿を現わし、残された夫、息子とともに奇妙な共同生活を送るファンタジックな感動作。

Amazon.co.jp  いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]
出典:Amazon.co.jp いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]

4位 海猿(東宝/2004)
5位 ALWAYS 三丁目の夕日(東宝/2005)
6位 犬と私の10の約束(松竹/2008)
7位 そして父になる(ギャガ/2013)
8位 手紙(ギャガ/2006)
9位 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(松竹/2007)
10位 涙そうそう(東宝/2006)

100万円相当の「“涙型”ダイヤモンドペンダント」をプレゼント

 「最も涙が止まらない映画」を発表した「ソフトサンティアシリーズ 世界から『涙』が消えたならキャンペーン」では、「“涙型”ダイヤモンドペンダント」の抽選企画を実施。特設サイトでアンケートに記入して申し込むと、抽選で1名に100万円相当の「“涙型”ダイヤモンドペンダント」がプレゼントされ、Wチャンスとして1000名に500円分のQUOカードが当たる。

世界から「涙」が消えたならキャンペーン
世界から「涙」が消えたならキャンペーン

世界から「涙」が消えたならキャンペーン
世界から「涙」が消えたならキャンペーン

 同キャンペーンのPR事務局によれば、応募締め切りが2016年7月31日で、当選者にはメールで通知。8月下旬頃の発送を予定しているという。
 応募は「ソフトサンティアシリーズ 世界から『涙』が消えたならキャンペーン」特設サイトで受け付けている。

文責は日本語のみ