「世界一の日本酒」を決めるコンペティション、授賞式での“試飲会”参加者を募集

出典:SAKE COMPETITION 2015
出典:SAKE COMPETITION 2015

全国335の酒蔵が参加する出品数世界最多の日本酒コンペティション「SAKE COMPETITION 2015」の授賞式が9月14日に開催され、表彰式後には入賞酒を含む様々な日本酒が振る舞われるイベントが実施される。21日、SAKE COMPETITION 2015 実行委員会が発表した。

「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「Free Style 部門」の4部門で実施された「SAKE COMPETITION 2015」。4回目の開催なる今年は335の酒蔵が参加し、過去最多となる1028点の日本酒が出展されたという。

9月14日、東京プリンスホテルで行われる授賞式では「蔵元を囲む会」として試飲会を実施。160蔵以上の蔵元が参加し、それぞれ自慢の日本酒が提供される。

定員800名という同イベント。現在、SAKE COMPETITION実行委員会は申し込みサイト上で参加者を募っている。

kuramoto

文責は日本語のみ