多様性の祭典「東京レインボープライド2016」、ゴールデンウィーク期間に開催

top

 4月29日から5月8日まで、東京・代々木公園を中心とした複数箇所で、日本最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2016」が開催される。

 多様性を尊重し「セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)が、差別や偏見にさらされることなく、自分らしく、前向きに生きていくことができる社会の実現」を目指して開催される同イベント。2013年に第1回が実施され、今年で4回目の開催となる。

 「東京レインボープライド2016」では、4月29日から5月8日までを「レインボーウィーク」に設定。5月1日にLGBTを切り口として学校教育を考える「LGBT×教育シンポジウム」が地域ひろばJICA市ヶ谷国際会議場で実施される他、5月3日には「TOKYO RAINBOW COMIC SHOECASE」と題した“LGBT表現の昔と今を語るトークセッション”が新宿2丁目のAiSOTOPE LOUNGEで開催。その他にも各地でワークショップやイベントが実施される。
 

「東京レインボープライド2015」のステージ
「東京レインボープライド2015」のステージ

 同イベントのクライマックスは「フェスタ」と「パレード」。運営元のNPO法人・東京レインボープライドによると、5月7日に代々木公園イベント広場・野外ステージ実施される「フェスタ」と5月8日に渋谷と原宿を更新する「パレード」では、合計約60000人の参加を予定しているという。

 

文責は日本語のみ