西武鉄道、練馬エリアを“ハロウィン仕様”に ラッピング電車を運行、車内イベント開催

キービジュアル

西武鉄道は10月13日から31日まで「SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIMA」と題し、練馬エリアで様々なハロウィン企画を実施する。

アートディレクター・増田セバスチャン氏が監修

世界的アートディレクターで、きゃりーぱみゅぱみゅの美術デザインを手掛ける事でも知られ、現在、アートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を展開している増田セバスチャン氏が全体監修する同企画。同社は「“鉄道”に“カワイイ文化”というイメージを掛け合わせ、今までにない広がりを生み出す事で、西武鉄道の“挑戦”という企業姿勢を表現し、お客さまに新しい“感動”を提供したいと考え、今回の起用に至りました」と説明する。

13日からラッピング電車が運行

13日から、同氏がデザインを担当したラッピング電車「SEIBU HALLOWEEN KAWAII TRAIN」が運行するほか、練馬駅構内では同氏デザインのハロウィンオブジェ「KAWAII PUMPKIN」のほか、日本大学藝術学部の学生が制作したハロウィンアートを展示するという。

最終日は池袋駅から練馬駅までイベント電車運行

最終日の31日には、3本のイベント電車を運行。「アイドルトレイン」と題し、アップアップガールズ(仮)、夢みるアドレセンス、LinQらが出演する2便での車内ライブに加え、車内パレード「KAWAII HALLOWEEN PARADE TRAIN」が行われる。いずれも池袋駅発車から練馬駅到着まで。イベント電車のチケットは5日から販売される。

出典:SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIMA
出典:SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIMA

出典:SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIMA
出典:SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIMA

また同日、練馬駅周辺の商店街各店舗では、割引サービスやハロウィーン特典のプレゼントが予定されている。

文責は日本語のみ